全身脱毛で使われる機器

脱毛ラボで使われる脱毛機器は、世界的に有名な医療メーカーのDEKA社が日本向けに開発した機器です。

イタリア生まれのこの脱毛機器は、従来のキセノンランプとは違い、肌や毛根に直接的なダメージを与えない、S.S.Cメソッド理論に基づいて設計されています。

そのため、肌や毛根への直接的なダメージを与えることがありません。さらに、施術前に塗る抑毛ジェルの効果を高め、低刺激で痛みを軽減した脱毛が可能となっています。

実際に脱毛ラボで全身脱毛を受けた方は、痛みがほとんど感じられず、施術を終えた後は「もう終わったのかと思った」というほどです。仕上がりもきれいで、白く美しい肌を実感することができると高い評判を得ています。

他の脱毛法と比べてみると

他の脱毛法と比べてみると、ブラジリアンワックスは少ない回数で脱毛できるものの、肌に多大なダメージを与え痛みを伴います。多く採用されている光脱毛は、仕上がりはきれいでもダメージと痛みはS.S.C脱毛以上です。

医療機関でも採用されているレーザー脱毛の痛みは他の脱毛法の比になりません。ニードル脱毛は回数は少なくていいものの、仕上がりに満足感を得られない人が多いです。

一方で、S.S.C脱毛は、1ヶ月2回の施術を必要とするものの、きれいに仕上がること、肌がダメージを受けにくいこと、痛みがないことで人気を呼んでいます。

施術を行うのはしっかり教育を受けた脱毛のプロですから、安心して任せられます。脱毛の痛みや肌荒れを気にしている方は、脱毛ラボを検討してみてはいかがでしょうか。

【新着】
便秘解消、ぽっこりお腹のためにリンパマッサージに通ってみた結果。
こんにちは! るんるんねこりんです。 私は、長年の便秘に悩まされてきました。 何をやっても、何を食べ...
小顔になれるリンパマッサージをエステで受けてみること。
私が最近、気にしているのは、いかにして小顔になってこれから生きていくかということです。 顔がでかいよ...
小金が必要でも
貯金があってもキャッシングを利用することはどう思いますか。 貯金と言ってもその形態にもよります。単な...